バイアグラというのは、世界で第一のED治療薬であります。 バイアグラは1998年にアメリカのファイザー社から発売され、翌年の1999年に勃起不全の治療薬として日本での認可された最も歴史があるのED治療薬です。また、レビトラ、シアリスのような新薬より、認知度が高くて、利用者数も多くて、不動の人気を持っています。だから、ED治療薬の初心者に対して、バイアグラは一番おすすめ薬であります。

 

バイアグラに含まれる主成分はシルデナフィルというものです。このシルデナフィルという成分はED治療薬として用いるだけではなく、肺動脈性高血圧症にも有効です。ED治療の場合、シルデナフィルは陰茎の血管拡張を促進する作用があって、勃起不全の改善効果が期待できます。また、肺動脈性高血圧症の場合、レバチオとしてPfizer社から販売されています。

 

バイアグラを使用すれば、主成分シルデナフィルによって、生体内で環状グアノシン一リン酸(cGMP)の分解を行っている5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)の酵素活性を阻害できます。また、陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量が増えることができます。そうすると、ED症状で悩んでいる人に陰茎へ血液が行き渡り、正常な勃起を期待できます。 (1)

スポンサード リンク

秋川(あきがわ)は、東京都多摩地域西部を流れる河川。多摩川水系の支流の一つである。幹線流路37.6km、流域面積169.6kmは、多摩川の支流で最も広く、多摩川最大の支流とも言われる。西多摩郡檜原村役場付近の北秋川との合流点より上流は南秋川の別称で呼ばれ、地図にもバイアグラ記載されている。

東京都西多摩郡檜原村の西端、山梨県との県境にある三頭山の山腹にある都民の森のブナの路(登山道)沿いを流れる三頭沢が源流である。少し下流には三頭大滝があり、周囲は整備されている。檜原街道に沿って蛇行しながら東へ流れ「数馬」集落を抜け、「笹平」地区で北に流れを変え檜原村本宿で北秋川を合わせる。あきる野市を東へ流れ、あきる野市、八王子市、福生市、昭島市の4市の境界付近で多摩川に合流する。上流から、あきる野市の山田大橋までは渓谷を刻んでいて、キャンプ場などの施設が多い。下流の五日市の街辺りには比較的広い河原があり、田園が広がる箇所もある。山田大橋より下流は、川沿いに道が整備されている。

支流

  • 三頭沢
  • 森沢
  • 丹田沢
  • 出野沢
  • 矢沢
  • 小坂志川
  • 北秋川

橋梁

  • 西秋川大橋
  • 新秋川橋
  • 山田大橋
  • 秋留橋
  • 東秋留橋
  • 東秋川橋

流域の観光地

  • 都民の森
  • 秋川渓谷(紅葉の名所、厳密には南秋川の渓谷のみで北秋川は北秋川渓谷と呼ぶ。)

(2)

EDとは、英語の「Erectile Dysfunction」の略で、「勃起機能の低下」を意味します。日本では「勃起障害」「勃起不全」と訳されますが、まったく勃起が起こらないケースに限らず、硬さや維持が不十分であることも含め、「満足な性交がおこなえない状態」と定義されています。

☑中折れや途中で萎えてしまうというのが ED の一番多い症状です。

日本では成人男性の4人に1人が、『ときどき性行為が出来ない』中等度以上のED症状を抱えているとされています。

☑軽度のEDも含めるとその推定数は1,800万人ともされておる。つまり3人に1人がなんらかの ED 症状を抱えている。

EDの定義

☑十分な勃起が得られないか、また、維持出来ないと満足な性行為が出来ない。

☑上記の状態が、少なくとも3か月以上持続する。

ED の原因

人によって様々な原因が考えられますが、大きく分けると以下の3つに分類されます。

1.血管や神経の傷害(器質性 ED) 中高年からの ED に多いものが、「器質性 ED」です。 2.精神的なストレス(心因性 ED) 20代、30代でも中折れや勃起障害に悩んでいる方が多く、そんな方に多いのが、「心因性 ED」です。 3.バイアグラ特定の薬による影響(薬剤性 ED) ある疾患で内服している治療薬が原因で引き起こされる ED が「薬剤性 ED」です。 (0)

スポンサード リンク